外壁の塗り替えが必要な理由

どうして外壁の塗り替えが必要なのでしょうか。建物の外壁塗装には大きく分けて2つの役割があります。
まず一つ目は外観を美しく保つこと、二つ目は建物を保護することです。

  • 外観を美しく保つ
  • 建物を保護する
  • 気持ち良く安心して末永く住めるように

施工前の外壁です

参考写真_塗装後

塗装すると見た目はもちろん強靭な塗膜と防水効果も期待できます。

外観を美しく保つ

家は年数が経過していくと、外壁が汚れてきたり、色あせてきたりします。日の当たらない場合はコケやカビが生えたりもします。このような状態になっても、塗り替えをすることにより、まるで新築のような輝きを取り戻すことができます。

建物を保護する

塗装をすることによって建物そのものを紫外線や雨風から守る役割も果たしています。
建物は常に過酷な条件下にあります。厳しい紫外線、暴風雨などで徐々に経年劣化していきます。劣化したままの状態にしておくと、建物自体の劣化につながりますので、定期的に塗り替えをして保護をしてあげる事が大事になります。
また、屋根は外壁の3倍もの紫外線を受けます。雨も外壁より直接当たるので外壁よりもダメージが蓄積しやすく、その結果、雨漏り等を引き起こしてしまいます。
近年、屋根の塗料では紫外線をカットする遮熱、断熱塗料が多く開発されています。

気持ち良く安心して末永く住めるように

これらの事をまとめますと、大切なお家の外観を美しく保ち、末永く安心して住むには、外観、屋根の塗装が必要になっていきます。
一般的には約10年程で塗り替えするのが目安となっております。
塗り替えまでの期間が長くなればなるほど、お家の痛みは進行していきます。そうなりますと修復に余計な費用が掛かってしまい、かえって割高なメンテナンスコストを支払う事になってしまう事も珍しくありません。
大切なお家を末永く長持ちさせるにはお家が傷む前にこまめにメンテナンスをしてあげる事です。
大光ペイントではお客様がいつまでも笑顔でいられるような外壁、屋根塗装を行っていきます。