塗り替えのサイン

塗り替えのサイン、チェックポイント

  • チョーキング(壁にさわると白い粉がつく)
  • クラック(ひび割れ)
  • コーキングの劣化
  • 外壁・屋根のコケや汚れが目立つ

チョーキング

チョーキングは新築時の塗装や以前に塗り替えをした塗料の耐用年数が過ぎてしまって塗られている塗料の粉化が起こり、塗料本来の性質が失われている証拠です。
こうなりますと防水効果が無くなってしまいます。防水効果が無い状態ですと、外壁が保水性を持ってしまい、内部に雨水が浸食する恐れやコケやカビの繁殖など汚れの原因にもなります。

クラック(ひび割れ)

クラックとはひび割れの事を言います。クラックも経年劣化で起こります。ひび割れの部分から雨水が入りない部を浸食してしまい雨漏りの原因にもなります。

コーキングの劣化

コーキングとは主にサイディングの間にあるゴムのようなものです。このコーキングもひび割れ、肉痩せ、剥がれなどを見つけたら要注意です。
クラックと同じく劣化した部分から雨水が侵入して、雨漏りの原因になります。

外壁、屋根のコケや汚れが目立つ

外壁や屋根が汚れるのは当たり前と思ってしまいがちですが、実はこれも塗り替えのサインなのです。塗料には汚れが付きにくい、汚れから守るという役割も持っています。
そのため、汚れが目立つということは塗料本来の効果が発揮されていないということになります。

色あせ、変色

紫外線や雨などによって塗膜を守る樹脂が劣化し、顔料に影響が出てきます。

塗膜の剥がれ

塗膜の密着不良により、剥離や浮きが起きている状態です。この状態を放置していると素材の保護機能が悪化してしまいます。

これらの症状に当てはまったら
無料で診断、アドバイス致します

是非ご相談ください